中高年の求人を探すには?悩み解消ガイド

*

転職は向き、不向きがある?!

   

①転職に向いていない人物・状況とはどのような人なのか?
 誰にでも転職したい理由はあります。ですが、転職したい理由があるから転職したら状況が良くなるというわけでもありません。では、転職に向いている人や、向いていない人の状況とはどんなことがあるでしょうか。

1.新しい職場環境への順応力がない人
 新しい職場環境にすぐに対応可能できない人は転職に向いていないと言えます。人間関係をすぐに作るということもそうですし、仕事や環境の面でもそうです。前の職場と新しい職場を比べた時に、その全てがプラスになっているとは限りませんし、むしろ悪くなった面もあるでしょう。そういった悪い面というのにも、対応して順応できなければ、新しい職場でも不満がすぐに出て来てしまいます。すぐに不満を持ちやすいということは、また転職をしなければならないということになりかねません。

2.確実に状況が良くなるわけではない人
 転職をしたい理由は人それぞれですが、ただ単に職場の人間関係が嫌だから、仕事がつまらないなどの理由で転職してしまう人はうまくいきません。それは、次の職場でその部分が改善されるかどうかが運になってしまうからです。もちろん改善される可能性はありますが、また繰り返してしまう可能性もあります。漠然とした不満からの転職というのは、状況が好転してうまくいく可能性は低くなってしまいます。

②転職すべき人物・状況とはどのような人なのか?

1.転職した後の目標がある人
 転職した後の会社での目標が明確にある人というのは、転職後の会社での仕事がうまくいきやすくなります。ただ環境を変えて状況をよくしたいというだけでなく、自分から新しい仕事にもチャレンジしていく力があれば、意欲的に仕事をこなし、自分の能力を発揮できるでしょう。自分の能力を発揮して仕事ができれば、新しい会社でも認めてもらえる可能性が高まります。

2.今の会社での不満点が、明らかに改善される場合
 仕事をしていくなかで不満を持ちながら仕事をするとなったら、効率的に仕事ができなくなってしまいます。労働時間や、賃金、待遇、何かしら不満な部分が、確実に自分に見合ったものに変わるのなら、満足して仕事をすることができるようになるでしょう。日々の不満なく過ごせるだけで、仕事の効率はあがるものです。

 - 転職活動の準備

  関連記事

自己分析の流れを確認

 自己分析とは自分の過去、現在、将来を分析するためのものです。目的としては、自分 …

中高年の転職でも体調管理は社会人の常識!

体調管理は仕事の一環である  中高年ともなると、若いころの不摂生がたたり、メタボ …

転職は自己分析から

転職活動における自己分析の意味  自己分析とは、自分が生きていく中で何を大事にし …

市場価値という現実を知る

市場価値は過去の自分がつくる  中高年の転職は、市場価値の高低によって、選択肢の …

流れを理解して計画する

転職活動の流れを知る  転職活動は、事前準備と実際の活動の2本柱で進めていくもの …

転職活動は在職中にすべきか?!

会社をやめて転職活動をすべきか、それとも在職中に転職活動すべきか  中高年が転職 …