中高年の求人を探すには?悩み解消ガイド

*

入社日の挨拶について

      2015/12/15

入社初日の挨拶の内容

 中高年が管理職として採用されるとしても、すでに職場で働いている社員にとっては、新人でしかありません。これまで同業界・同職種でキャリアと実績を積んできたとしても、会社が変われば職域や職責、ルールやシステムが異なりますので、部下に教えを乞う機会も少なくないことが予想されます。

 仕事で大きな実績をあげるためには、職場で良好な人間関係を築くことが不可欠ですので、入社初日に好印象を与えられるかどうかは、とても大切です。入社の挨拶で話すべきことは、自分の名前と前職、今後の抱負程度で構わないので、長くても1分半程度に収まるように、練習しておきましょう。

 中高年が好きなスピーチになってしまうと、第一印象が悪くなることも、書き添えておきます。

挨拶の仕方で印象が変わる

 入社の挨拶は、話し方も重要です。笑顔で聞き取りやすいように話す、社員の顔をできるだけ見るようにすることで、親しみやすいひとという印象を与えることができます。

 また、いち早く社員とコミュニケーションしたいと考えているなら、自分の趣味や出身地、家族構成などの話をして、雑談の話題作りをしておくのも良いでしょう。

 この際、前職の説明が自慢話に聞こえると、評価をグッと下げてしまうので、話し方も練習しておきましょう。

【関連記事】
退社手続きについて
入社手続きについて
年次有給休暇を退職時に取るのは有りなのか…ポイントとなるのは法律と感情

 - 転職が決まったら

  関連記事

仕事の引き継ぎは計画的に

①仕事の引き継ぎで注意すること  転職をするとなったら仕事の引き継ぎは必ず必要で …

入社手続きについて

入社承諾前に必要な手続き  内定の連絡を受けたときに、即応じて良いのは、労働条件 …

年次有給休暇を退職時に取るのは有りなのか…ポイントとなるのは法律と感情

年次有給休暇制度をチェック  正社員として働く人には必ず、年次有給休暇が与えられ …

no image
労働契約の内容を確認しよう!

①入社前の確認事項と提出書類  中高年が転職活動を行い、内定が出たときには、若い …

退社手続きについて

転職先が決まっている中高年の諸手続き  ここでは、退社日の事務手続きではなく、退 …