中高年の求人を探すには?悩み解消ガイド

*

中高年の転職の流れを把握する

 中高年であっても、転職活動を始めるのに遅過ぎるということはありません。ただ、転職適齢期では決してないでしょう。どれだけ無駄を省き、どういった手法でほんのわずかな可能性をたぐり寄せるのか、こういったことに集中していけば、もしかしたら若い人よりもスムーズに転職を終えることができるかもしれません。

可能性を広げるための準備をしましょう

 転職活動の無駄を省くには、準備が必要。ここで自分の転職のイメージを固めておくことです。それは理想を掲げるということではなく、「中高年の自分が転職するためには」という可能性について考え、まとめておいた方がいいでしょう。無謀な希望ではなく、「可能性を広げるため」にしておかなければならない準備、ここに集中すべきです。

【参考記事】
転職は自己分析から
市場価値という現実を知る
流れを理解して計画する
中高年の転職でも体調管理は社会人の常識!

気を張ることで求人情報を逃さない

 無駄を省くためには転職エージェントなどを利用したいところですが、中高年の場合はそれだけでは可能性が広がりません。求人情報はもっといろいろなところに転がっています。それらを逃さないように常に気を張っておくことで、小さな可能性も逃さずに仕事探しができるはずです。

【参考記事】
求人情報媒体を選ぶ
転職エージェントの活用方法
転職サイトのスカウト機能の活用方法

応募書類は狭く深いアピールを

 無駄の多い履歴書・職務経歴書は、読む方も辛い。広く浅くアピールするよりも、狭く深いアピールを心がけた方が、中高年層にとっては無駄のない応募書類となり、注目してもらいやすくなるでしょう。「これなら自信がある」というポイントに絞ってまとめてみてください。

【参考記事】
書類選考に残る履歴書
書類選考に残る職務経歴書
履歴書や職務経歴書で悩んだら

採用のメリットを伝えるのが面接です

 採用することで企業にどんなメリットがあるのか、これを面接で表現しないと、なかなか中高年に転職の女神は微笑んではくれません。自分の希望等を押し付けるのではなく、相手の希望を受け入れ、それに見合った働きができると伝えることを最重要視すべきでしょう。

【参考記事】
面接マナーの基本
面接でよくある質問集
逆質問の活用方法

円満退職を呼び込むものとは?

 転職活動で無駄を省くことができても、退職活動で無駄が生じてしまっては、あまり意味がありません。「なんとかなるだろう」という考えはできるだけ避け、「どうしたら円満退職になるのか」を事前にどれだけ考えられるか、この意識こそが円満な退職を呼び込むのです。

【参考記事】
退社手続きについて
入社手続きについて
入社日の挨拶について
年次有給休暇を退職時に取るのは有りなのか…ポイントとなるのは法律と感情

公開日:
最終更新日:2015/12/15